手作りスパイスカレーがやけに酸っぱい理由と酸味を和らげる方法

f:id:aisakayo:20210208191040j:plain

趣味程度ではありますが、スパイスカレーを作って楽しんでいます。一時期は毎日、作っていたのですが、今は月1回程度に落ち着いています。

今回はその時の経験を元に、手作りスパイスカレーがやけに酸っぱくなってしまった理由と酸味を和らげる方法について書いていこうと思います。

スパイスカレーが酸っぱい理由

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/a/aisakayo/20200116/20200116092615.jpg

スパイスカレーが酸っぱい理由で考えられるのは以下です。

 

・ヨーグルトを入れすぎたか酸っぱすぎた。

・トマトが酸っぱい。

・お酢やレモンを入れすぎた。

 

当たり前なんですけど、酸っぱいものを入れすぎたら酸っぱくなります。

ただ、ヨーグルトやトマトは同じ種類であっても食品という性質上、酸味に違いがあるので、入れすぎていなくても酸味が強くなることもあります。

お酢の場合は商品によって酸味の強さが違うので、お好みのものを探すのが一番です。

カレーにはワインビネガーを使うことが多いですが、酸味が強いので、酸っぱいのが苦手な人にはちょっときついかもしれません。

酸っぱいスパイスカレーの酸味を和らげる方法

①甘みを加える

f:id:aisakayo:20210208184212j:plain

酸味を抑えるには甘みを加えます。砂糖が一番、味に癖がないのでおすすめです。

砂糖以外のものはチャツネやドライフルーツ、蜂蜜やジャムなどは独特の風味を持つものも多く、カレーの風味や味に影響を与える可能性があります。

ただ、その独特の風味がカレーをおいしくしてくれるようであれば、加えても問題はないのでお好みです。

加える量については、一概には書けませんが、小さじ半分程度から加えながら調整してみてください。

②長時間煮込む

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/a/aisakayo/20191224/20191224091030.jpg

煮込み時間を長くすると、ある程度の酸味は飛ぶのでマイルドになります。

しかし、煮込む時間が長くなると肉や魚といった具からエキスが出るため、味がなくなりパサパサになってしまう点だけは注意が必要です。

カレーを少しでもおいしくしよう!

過去に、作ったはいいけれど、酸っぱすぎて困ったカレーがありました。それは本場インド風のヨーグルトカレーというもので、ヨーグルトの酸味がきついきつい。

その時は冷凍して、解凍してパンと一緒に食べきった思い出があります。他にもトマトが酸っぱすぎてあまりおいしくできなかったこともありました。

カレーを手作りすると、同じような経験をしている方は多いと思います。そういう時こそ、砂糖や甘みの出番です。

甘みはそんなに多くは必要ありません。隠し味程度に様子を見ながら、少しずつ砂糖などの甘みを足してください。