スパイスカレー作りにおすすめの道具8選

f:id:aisakayo:20211119144802p:plain

スパイスカレーは基本的に木べらとフライパンとフタさえあればできるのですが、あるともっとおいしいカレーが作れるので、さらにカレーを作りたくなります。

今回はスパイスカレーにおすすめの道具を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

必需品レベル

木べら・耐熱シリコンベラ

パール金属(PEARL METAL) へら ナチュラル 木製 クッキング C-523

木べらは玉ねぎを炒めたり、肉などを焼きつけるのにも便利で、カレー作りでは菜箸よりも使いやすいです。

耐熱シリコンベラは木べらでは取れない鍋にこびりついたカレーを取るのに使います。

楽天市場で木べらをチェックする

amazonで木べらをチェックする

すりおろし

Lokame おろし器 おろし金 チーズグレーター すりおろし器 チーズおろし チーズ削り パルミジャーノチーズ チョコレート にんにく レモン 生姜 グレーター (ブラック)

スパイスカレー作りではニンニクと生姜をすりおろすのに欠かせない道具で、金属製のものがおすすめになります。

安いのを買うと、きれいにすりおろせないため、地味にストレスが溜まるので、ケチらないほうがいいアイテムです。

楽天市場ですりおろし器をチェックする

Amazonですりおろし器をチェックする

あると時短になって便利

2.スライサー

下村工業 日本製 プログレード スーパーフードスライサー PG-607 新潟 燕三条製

玉ねぎを均一な厚みでスライスすることができますし、時短にもなります。また、カレーの付け合わせにもピッタリなキャロットラペ作りにも便利。

楽天市場でスライサーをチェックする

amzonスライサーをチェックする

3.みじん切りチョッパー

強化版 2.5倍 K&A みじん切り器 ふたも洗える ぶんぶんチョッパースーパー5

たまねぎやにんにく・生姜をみじん切りにするための道具です。地味にみじん切りは時間がかかるので、時短になります。

楽天市場でチョッパーをチェックする

amzonでチョッパーをチェックする

必要に応じておすすめ

1.ハンディブレンダー

ブラウン ハンドブレンダー マルチクイック5 1台4役 つぶす・混ぜる・きざむ・泡立てる ホワイト 離乳食対応 MQ535

ほうれん草のカレー、滑らかなバターチキンカレーを作るのにおすすめです。また、インド系のカレーによく登場するカシューナッツのペーストを作るのにも使います。

ミキサーだとお手入れが面倒くさいので、断然、洗いやすいハンディブレンダーがおすすめです。

プロの料理家はブラウンのものをおすすめしている人がちらほらいます。

楽天市場でハンディブレンダーをチェックする

Amazonでハンディブレンダーをチェックする

マニアックに攻めたい人におすすめ

スパイスミル

京セラ ミル 40ml セラミック スパイス 結晶塩 粗さ調節 分解洗浄 ブラック CM-10N-BK

スパイスミルはホールスパイスをパウダースパイスにするのに必要な道具で、電動のものと主導のものがあります。

面倒ではありますが、パウダーとホールの両方を揃えると場所を取るので、ホールだけ揃えておき、使う分だけ粉にするという使い方もいいでしょう。

ちなみに、ホールを粉にしたほうが風味も良くなるので、味にこだわりたいなら自分で粉にしたほうがいいです。

ブログ主は手動のものを購入し、スーパーではホールでは売っていてもパウダーでは売っていないスパイスを粉にするのに使っています。

楽天市場でスパイスミルをチェックする

Amazonでスパイスミルをチェックする

スパイスボトル

【タケヤ公式】 フレッシュロック スパイスボトル ホワイト (1・5ホール各3個セット)【6個セット】 110ml じょうご付き 白

市販のスパイスが入っているボトルはスパイスを取りだしづらいのが難点なので、しょっちゅうスパイスを使う人は別の瓶などに詰め替えるほうが楽です。

ブログ主はSB食品の少々割高のスパイスシリーズであるフォションのボトルに、詰め替えながら使っています。

とある料理家の方は味の素のコンソメの素の瓶に入れているそうです。

スパイスはできるだけ早く使い切るのが鉄則なので、スーパーのスリムボトルで事足りている人にはスパイスボトルは必要ないと思います。

楽天市場でスパイスボトルをチェックする

Amazonでスパイスボトルをチェックする

0.1g単位で測れるスケール

タニタ クッキングスケール キッチン はかり 料理 デジタル 1kg 1g単位 ホワイト KD-187 WH

カレーのレシピの中にはスパイス0.2gといったものがあります。それを正確に測るためにはやはり0.1g単位で測れるスケールを使うしかありません。

なお、スパイスを小さじ〇というレシピよりもグラム単位で表示されたレシピのほうが、味の再現性も高まるそうです。

1人前や2人前といった料理しか作らない場合、塩分量がシビアになることがあるので、正確に塩を測りたいという人にもいいでしょう。

というか、1グラム単位のスケールを使っている身としては、そういう用途に使わなかったとしても0.1g単位で測れるスケールを基本的におすすめします。

楽天市場でキッチンスケールをチェックする

Amazonでキッチンスケールをチェックする

自分のお気に入りの道具を見つけよう!

作りたいカレーによっておすすめの道具は異なりますが、木べらとすりおろし器だけは必需品です。

それ以外にはインド系のカレーのレシピには度々、カシューナッツのペーストが出てくるので、それを作るためにもブレンダーがおすすめです。

ブレンダーがあれば、お店レベルの滑らかなバターチキンやサグカレーを作ることもできますよ。

ホームセンターやニトリなど身近なお店で売っているので、ぜひお店に行って、実物を見たり触ったりしながら、自分のお気に入りの道具を見つけてみてください。

おすすめ記事

コクがない手作りスパイスカレーに手っ取り早くコクを加えて、おいしくする方法

グリーンカレーペーストの使い方は?カレー以外の料理に使うコツ

手作りスパイスカレーがやけに酸っぱい理由と酸味を和らげる方法

手作りスパイスカレーの冷凍方法

手作りスパイスカレーのとろみづけの方法