ローソンのどらもっち風ホイップどらやきの作り方

f:id:aisakayo:20220331071044j:plain

もちもち食感が病みつきになるローソンのどらもっちを作ってみたいと長い間思いつつ、やらずじまいでしたが、今回、ようやく重い腰を上げて作り始めました。

ちなみに、再現の過程は以下に読み物としてまとめています。

ローソンのどらもっちをそれなりに再現してみた!

材料

卵(M)1つ
小麦粉 45g
砂糖 40g
水あめ 30g
米ペースト 30g(もち粉10g+熱湯20g)
長芋 25g
牛乳 20g
卵黄 1つ
ベーキングパウダー 小さじ半分
ブランデー 小さじ1
サラダ油 適量
こしあん・デザートホイップ 適量

作り方

1.米粉に熱湯を注ぎ、泡立て器でよく混ぜる
2.1に牛乳を加える。溶きほぐした全卵、卵黄を加える。長芋を加える。ブランデーを加える。砂糖を加える。水あめを加える。加える度にその都度よくかき混ぜる
3.薄力粉とベーキングパウダーを加え、よく混ぜる。ラップをして30分寝かせる
4.フライパンにサラダ油を塗り、中火で温める。3をお玉一杯弱流し入れ、生地がなくなるまで焼く
5.生地を冷まし、あんことホイップクリームでサンドする

工程別のポイント解説

1.もち粉に熱湯を注ぎ、泡立て器でよく混ぜる

もち粉に注ぐのは必ず熱湯です。これで米ペーストが完成します。

f:id:aisakayo:20220331063121j:plain

2.1に牛乳を加える。溶きほぐした全卵、卵黄を加える。長芋を加える。ブランデーを加える。砂糖を加える。水あめを加える。加える度にその都度よくかき混ぜる

材料を加えながら、かき混ぜていきます。

f:id:aisakayo:20220331064620j:plain

f:id:aisakayo:20220331064719j:plain

f:id:aisakayo:20220331064846j:plain

3.薄力粉とベーキングパウダーをふるい入れ、よく混ぜる。ラップをして30分寝かせる

粉を加えていきます。

f:id:aisakayo:20220331064950j:plain

ラップをして、30分寝かせることで粉が落ち着きます。

4.フライパンにサラダ油を塗り、中火で温める。3をお玉一杯弱流し入れ、生地がなくなるまで焼く

くっつかないフライパンなら油は必要ありません。油を引かないほうがどら焼きもきれいに焼けると思います。

さらに焼き色にこだわるなら、フライパンを温め、火を止め、1分冷ましたほうがいいかも。

ひっくり返すタイミングは生地に穴が開き、ふちが少し乾いてきたところ。

f:id:aisakayo:20220331065210j:plain

火加減が強かったり、焼く時間が長いと焦げてしまうので注意してください。と書きつつ、焦がしました。火加減が強すぎたせい。

f:id:aisakayo:20220331070016j:plain

綺麗に焼けると以下のようになります。

f:id:aisakayo:20220331070108j:plain

5.生地を冷まし、あんことホイップクリームでサンドする

生地が冷めたら、挟むだけです。

f:id:aisakayo:20220331070744j:plain

f:id:aisakayo:20220331070907j:plain

f:id:aisakayo:20220331070918j:plain

保存・日持ち

皮だけなら冷凍保存も可能です。サランラップに包み、保存袋に入れてください。

ホイップを挟んだものは3日ほど日持ちします。

代用・アレンジ

「あんこ」さつまいもやかぼちゃ餡

「生クリーム」クリームチーズ。ホイップクリームにジャムを入れても。

どんな味なの?

f:id:aisakayo:20220331073623j:plain

レシピではもち粉と書いていますが、実は今回使用したのは製菓用の米粉で、うるち米で作られたもの。

そのためか、ややもっちり感が足りなかったですが、ホイップどら焼きとしてきちんとおいしいですし、普通のどら焼きよりももっちり感もありました。

綺麗な焼き色をつけるのにはコツがあるようですが、温度が一定しやすいホットプレートで焼いたほうが焼き色はきれいになりやすいと思います。