市販のパスタソースをワンランクアップさせる「濃厚ワンパンナポリタン」の作り方

このブログはプロモーション広告を利用しています。

来ていただきありがとうございます。

ナポリタンおいしいですよね。ただ、ケチャップ炒めただけのスパゲッティではあるのですが、市販のパスタソースで食べたい時ってあるんですよね。

でも、毎回、「うーん。おいしいけど。物足りない」となっています。そこでどうしたらおいしくなるのか調べまくりました。で、やってみたのがこのレシピです。

そうしたら、とっても濃厚なパスタが完成し、大満足。ワンパンなのでコンロが1つしかなくても余裕でこってりなナポリタンが味わえます。

材料(2人分)

市販のナポリタンソース2人前

玉ねぎ1/4個(正味50gほど)

ブロッコリー少量

ウィンナー5本

オリーブオイル小さじ1

バター10g

醤油小さじ1/2

パスタ160g

水350ml

黒胡椒・タバスコ適量

作り方

1.玉ねぎをスライスする。ウィンナーは斜め切りにする。ブロッコリーは小さめに切り分ける

2.フライパンにオリーブオイルを熱し、玉ねぎとウィンナーを炒める。

3.フライパンにパスタソース、水を入れ、沸騰させる。半分に折ったパスタを入れ、水分がなくなるまで茹でる。途中、麺が底にくっつかないように混ぜる。ついでに、水がなくなりそうなら、少量足して様子を見て、焦がさないようにする。味見をして、麺が固かったら水を足して煮る

4.バターを入れて、予熱で溶かす。皿に盛り、好みで黒胡椒とタバスコをかける。

作ります

玉ねぎをスライスして、ウィンナーを斜め切りにします。

今回は玉ねぎを50g用意したのですが、作ったあとにもうちょっと入れても良かったなと思いました。玉ねぎ以外の野菜も。

フライパンにオリーブオイルを温めて、玉ねぎとウィンナーを炒めます。ウィンナーに少し焼きめがつくくらいが目安です。

パスタソースと水300mlを入れて沸騰させます。

沸騰したら、半分に折ったパスタを入れて、かき混ぜます。時々、混ぜながら水分が飛ぶまで煮ていきます。

水分がとんでも麺が固かったら、水を50mlくらい入れて様子を見てください。

パスタの種類とかによっても茹で時間が変わってくるような気もします。いい感じになったら、火を止めてバターを入れて予熱で溶かします。

冷蔵庫を見たら、ブロッコリーを見つけたのでパスタを茹でてる途中で入れてみました。

皿に盛って、味変で黒胡椒やタバスコやらをかけてください。

保存・日持ち

できたてが一番おいしいと思っているのですが、翌日も食べることができます。母は翌日のパスタが好きな人で、ニコニコしながら取っておいていました。

代用・アレンジ

ピーマンとかあると彩りがカラフルになりますよね。家になかったんです。ブロッコリー入れてみたけれど、これはこれでおいしかったです。

喫茶店風のナポリタンを作りたい場合はおろしニンニクを入れるといいらしいです。喫茶店でナポリタン食ったことないから、喫茶店風よくわからない。

モッツァレラチーズとか目玉焼きをトッピングしても良いと思います。

献立アイデア

濃厚な味わいなので、ミニサラダとコンソメスープのようなあっさりとしたものが一番良いと思います。

ミニサラダはスーパーで袋入りが売っているので、それにお好みのドレッシングを追加するのがいいです。

コンソメスープは1人前150mlのお湯に小さじ1の顆粒コンソメを入れます。レンチンしたカット野菜を適量入れたらそれっぽくなります。

 

 

どんな味なの?

びっくりするくらい濃厚な味わいに仕上がりました。

ファミマのファミマ・ザ・ナポリタンがびっくりするくらい気になっているのですが、これを食えたからまあいいかなレベルまで気になっている度が下がっています。

でも、食べたい。

ソースと麺を一緒に煮ているので、麺にソースがすっごく絡んで食べごたえが抜群です。こんなのが家で作れるのかーって作った自分も驚きました。

モッツァレラチーズとか星型にくり抜いた黄色い蒸しパプリカをトッピングするとクリスマスのようなパーティメニューにも良いかもと思いました。

もちろん、このままのナポリタンでも充分、クリスマスに出してもいいんですけど。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

他のレシピは以下から探せます。

レシピの種類別カテゴリまとめ記事

【パーティー料理大募集】

みんなで盛り上がるパーティー料理
みんなで盛り上がるパーティー料理

【#フーディストのクリスマス2023】

おうちクリスマスを楽しもう!料理&スイーツレシピコンテスト
おうちクリスマスを楽しもう!料理&スイーツレシピコンテスト

ランキングに参加しています。もしよろしかったら以下のボタンを押してください。