ベイクドチーズケーキとバスクチーズケーキの違いは?

f:id:aisakayo:20220210214159p:plain

ベイクドチーズケーキもバスクチーズケーキもどちらもオーブンで焼きあげて作りますが、どのような違いがあるか紹介します。

 

 

発祥・歴史の違い

f:id:aisakayo:20220211065057j:plain

ベイクドチーズケーキ自体はポーランド発祥で、セルニックというカッテージチーズとカスタードクリームを混ぜて焼きあげたお菓子がルーツとなっています。

アメリカにポーランド移民たちがこのセルニックを持ち込み、その後、クリームチーズが作られたことにより、現在のよくあるベイクドチーズケーキが誕生しました。

一方のバスクチーズケーキが生まれたのは、スペインのバスク地方にあるラビーニャというバル(酒場)です。

なお、現地バスク地方の人は普通のベイクドチーズケーキとバスクチーズケーキを特に区別せず、どちらもチーズケーキと呼んでいます。

材料の違い

f:id:aisakayo:20220211064206j:plain

基本的な材料はどちらもクリームチーズ、生クリーム、卵、小麦粉、砂糖の5つで成り立っています。

ベイクドチーズケーキの場合、クッキーなどで作られたボトム(底に敷かれたクッキーやスポンジなどの名称)、バター、味や濃厚さをコントロールするためのレモン汁やヨーグルトも材料になっていることが多いです。

一方のバスクチーズケーキは前述した5つの材料がメインで、ボトムはありません。型にクッキングシートのような紙を敷き、そこにケーキ生地を直接流し入れます。

バスクチーズケーキはベイクドチーズケーキに比べて、生クリームの乳脂肪分が高く、小麦粉不使用のものが多いのも特徴です。

 

 

作り方の違い

f:id:aisakayo:20220211065511j:plain

ベイクドチーズケーキはボトムを用意し、バスクチーズケーキはボトムを用意しませんが、最大の違いは焼き方と時間です。

ベイクドチーズケーキは180度ほどで1時間近くじっくりと中までしっかりと焼きあげることが多く、しっかりとした食感が特徴です。

バスクチーズケーキは200度以上の高温で20分ほどで焼きあげ、高温で焼くことで表面は真っ黒で中はトロリとしたレアの状態を作ります。

ベイクドチーズケーキならば、オーブンがある家ならどこでも作れ、失敗が少ない初心者向けのケーキといわれます。

一方のバスクのほうはオーブンの最大設定温度によっては作ることができませんし、難易度もやや高いです。

味・食感の違い

f:id:aisakayo:20220211065320j:plain

バスクチーズケーキは甘さも強めで、ねっとり感も強い濃厚な味わいで、中心部分は半生状態のとろっとした食感が持ち味です。

ベイクドチーズケーキはしっかり焼き固められた特有の重さがありますが、味と食感ともにバスクチーズケーキよりも幅があり、一概には言えません。

 

 

二つのチーズケーキを食べ比べてみよう!

バスクチーズケーキもベイクドチーズケーキの一種ですが、一般的なものに比べて、高温短時間で焼きあげ、濃厚な味わいと中心部が半熟状になっているのが特徴です。

ベイクドチーズケーキは180度程度の温度で1時間近く焼きあげ、味と食感に幅があります。

ぜひ機会があれば、2つを食べ比べてみてください。

以下の記事もおすすめです

食べておいしかったお取り寄せチーズケーキランキング 

チーズケーキのカロリーや糖質量は?太りにくい種類の選び方

チーズケーキの記事は以下にまとめています

チーズケーキの雑学や知識、その他の読み物系記事まとめ

お取り寄せチーズケーキの記事まとめ

誕生日やクリスマスなどのイベント別・SNS映えなどのジャンル別おすすめチーズケーキの記事まとめ