【口コミ】八天堂「生大判焼き」

冷やして食べるくりーむパンで有名な八天堂の和スイーツ生大判焼きでおやつタイムです。

八天堂はパンのイメージが強いので、和スイーツというと違和感を持つ人も多そうですが、昭和8年に広島県三原市で創業した時は和菓子屋さんでした。

 

 

生大判焼きはどんなお菓子?日持ちは?

今回の生大判焼きは八天堂が培ってきた技術でアレンジと再開発をしたという一品です。

生地は時間が経ってももちもち感が持続するのがウリで、老若男女に愛されるお菓子とのこと。

お取り寄せした場合は冷凍で届くので、常温で4時間ほど解凍します。日持ちは解凍後4日以内です。

カロリー

184.3kcal

味の感想

薄めの焼き色にしっかりとした重さを感じます。そして、結構、固いです。

中に入っているのは粒餡です。

食べてみると、生地はしっとりとしているけれど固いです。自分の記憶の中の個の手の食べ物は生地にもっちりとした弾力があるものがほとんどだったので、なんか意外です。

あんこは粒餡でガツンと甘い系。昔の和菓子屋さんのあんこって感じで、しっかり甘いのが好きな人は大好きだと思いますが、好き嫌いが分かれると思いました。

個人的にはもう少し甘さ控えめでも良かったかなと思いますが、ホイップクリームやアイス、バターをトッピングしたら丁度いい感じの甘さになりそう。

 

商品の詳細情報

名称・和生菓子

原材料名・粒餡(国内製造)(北海道小豆、砂糖、還元麦芽糖水あめ、還元水飴)、液卵、砂糖、小麦粉、麦芽糖、粉末水飴、植物油脂、デキストリン、食塩、乾燥全卵/加工でん粉、乳化剤、ベーキングパウダー、増粘多糖類、酵素、(一部に小麦・乳成分・卵・大豆を含む)

栄養成分表示・熱量184.3kcal、たんぱく質3.6g、脂質2.6g、炭水化物36.7g、食塩相当量0.3g