口コミ新宿中村屋「あんみつ 黒蜜」

暑さが増し、冷たいお菓子がおいしい季節となりつつもアイスだと冷たすぎるという人もいるのではないでしょうか。そんな時に丁度いいのがあんみつです。

今回は新宿中村屋の夏限定商品であるあんみつ 黒蜜でおやつタイムです。

 

 

新宿中村屋について

新宿中村屋は今でこそカレーとか和菓子とか食べ物なら色々売っているイメージがありますが、明治34年の創業当時はパン屋で、クリームパンを生み出したのも中村屋です。

当初、パン屋でしたが、重税を課され、なんとか収入を増やしたいと業績拡大を目指したのが、和菓子を作ったのが始まりだそうです。いつの世も世知辛いですね。

カロリーと価格

カロリーは1個あたり192kcal、1個当り324円(税込み)

味の感想

箱に入っているだけで、高級感が感じられますね。

箱から取り出すと、黒い袋が2つ。あんことミツの見分けがつかないと思いましたが、袋に小さく書いていました。

フタを赤い線まで剥がして、中の水を捨てます。

そして、盛りつけます。

フルーツシロップ漬けはさくらんぼ1個、パイナップルとみかん2つづつ、黄桃1個で、かなり甘さが控えめ。

小ぶりのサイズの寒天はちょっと固めでハード食感タイプで、ザクザクッとした食感がおいしいです。

あんこはこしあんで、とても固くてちょっとざらつきも感じます。なんというか、みっちり感があるというか詰まってるというか階級で分けたら、絶対重量級のタイプ。

黒蜜はあっさりとした味わいで、サラサラとしているタイプで寒天とよく馴染みます。

全体的に味や食感のメリハリが効いたタイプのあんみつだと思いました。量もそんなに多くないので、食が細くなった方へのおくりものにも最適だと思います。

 

商品の詳細情報

名称・あんみつ

原材料名・寒天(国内製造)、黄ももシロップ漬け、パインアップルシロップ漬け、グラニュー糖、みかんシロップ漬け、さくらんぼシロップ漬け、赤えんどう蜜漬け/pH調整剤、酸味料、増粘多糖類、着色料(ラック)、乳酸Ca、(一部にももを含む)
<黒蜜>加工黒砂糖、三温糖、水あめ、赤糖(原料糖、糖蜜)、食塩/pH調整剤、増粘剤(ローカストビーンガム)
<あん>グラニュー糖、小豆、還元水あめ

栄養成分表示・エネルギー192kcal、たんぱく質2.1g、脂質0.3g、炭水化物45.3g、食塩相当量0.1g

内容量・固形量75g、内容総量190g(うち別添え 黒蜜20g、あん30g)

注・情報は記事執筆時点のものです。変更されている場合があることご了承ください。