通販の宅配ケーキがぐちゃぐちゃになったりしない?ぐちゃぐちゃだった場合どうするの?

ケーキを通販したいけれど、ぐちゃぐちゃのケーキが届いたらどうしようと心配になってはいませんか?

結論を書くと、ケーキである以上、ぐちゃぐちゃに届くリスクはあります。

では、リスクを減らすためにはどうすればいいのか、ぐちゃぐちゃのケーキが届いた時にすべきことを紹介します。

 

 

ケーキがぐちゃぐちゃになることが多い時期

クリスマスや母の日など多くの人が注文をする時期は配送業者もメーカーも忙しく、臨時のアルバイトを雇ったりなどしてケーキの扱いが雑になりやすいです。

過去には配送業者が冷凍品を冷凍庫に入り切らないという理由で、常温に置いたという事件もありました。

多忙以外にも荷物の扱いに慣れていない臨時のアルバイトが扱うこともあるため、ぐちゃぐちゃリスクが高いと言われています。

また、ケーキを製造する側も忙しくなりやすいため、ケーキをしっかりと固定しないということもあるようです。

ぐちゃぐちゃリスクが高いケーキ

エスキィス フルーツタルト【当日出荷可】誕生日ケーキ バースデーケーキ お中元 夏ギフト 七夕 フルーツケーキ スイーツ ケーキ (直径14cm 4.5号 3〜4 名様)

冷蔵配送

冷蔵配送は凍っていない分、冷凍商品よりも柔らかいため、崩れるリスクが高いです。逆に冷凍のケーキはものにもよりますが、かなり固いです。

デザインが凝ったもの

デザインが凝っていると、ちょっとの衝撃で壊れやすいです。デザインやパーツによっては冷凍品でも同じなので、デザインの一部が少し欠けて届くことがあります。

マカロンを使ったもの

マカロンはアーモンドの粉と卵白を使って焼き上げるため、崩れやすいです。

 

 

ぐちゃぐちゃになりづらいケーキは?

クリオロ CRIOLLO【公式】幻のチーズケーキ(長方形)約2~3名用 贈り物 プレゼント ギフト

デコレーションも何もないシンプルなもので、冷凍のチーズケーキやミルクレープ、ガトーショコラといったケーキがぐちゃぐちゃになりづらいです。

また、チーズケーキは冷凍に向いていて、通販のものの多くがパティスリーで買ったものに近い味になっています。

ぐちゃぐちゃだった場合は?

食べないですぐに返品してください。食べてしまうと返金してもらえません。

 

 

宅配業者がいる間に中身を確かめるのも有効

ケーキをたくさん通販している人は、ケーキが破損していたりぐちゃぐちゃだったりという経験をしていることも。そのため、宅配業者の前で箱を開けて中身を確かめる人もいるそうです。

ぐちゃぐちゃトラブルを防ぐためには?

ケーキ屋と配送業者が忙しくなる前に購入して、冷凍庫に入れておくことで、ぐちゃぐちゃリスクを減らすことができます。

たとえば、クリスマスと年末年始が控えている12月ではやはりクリスマスから年末年始の頃が一番、忙しいので、12月の中旬頃には受け取るようにしたほうがいいでしょう。

ショップの中には早期購入特典として割引などのサービスを行っていることがあるので、通販での購入を検討している人は早めに注文して、特典もゲットしましょう。

余裕を持って通販しよう!

ぐちゃぐちゃのケーキ問題は注文が増え、メーカーも配送業者も忙しくなるイベントシーズンに発生することが多いようです。

クリスマスや誕生日のようなパーティ用のケーキの場合、配送業者とケーキのショップ双方の繁忙期前に購入して、冷凍保存しておくことでトラブルを少しでも回避できるのではないかと思います。

また、早めに注文しからといって安心せずに、中身を確かめ、返品や交換が必要なら早めに済ませましょう。