森永「チョコボール・ピーナッツ」

f:id:aisakayo:20210529190823j:plain

最近、子どもの頃に一度は食べたっぽいチョコに興味を持ち出して、改めて食べていこうって思ったんですよね。

理由はよくわからないですけど。懐かしさとかなんですかね。

で、今回はチョコボールです。子どもの頃はくちばし集めてキョロちゃん缶が当たるというシステムを知らなくて、くちばしなんて見たことないです。

子どもの頃に夢中になったのはガリガリ君とよっちゃんいかの当たり探し。現在のよっちゃんには当落システムはないのですが、当時は当たったら1袋もらえたの。

でも、ガリガリ君は当たったことないし、よっちゃんは店頭で交換したことがない。当たりが出てそれで満足。

f:id:aisakayo:20210529192324j:plain

相変わらずおいしいなーとほのぼのとした気持ちで食べ始めて、食べ終わるのかなと思ったら、びっくりしました。

チョコの味というよりは最初に噛むとやって来るのって強烈ピーナツの味わいで、そのあとにチョコがやってくるんですね。

f:id:aisakayo:20210529192257j:plain

ピーナツの味がまるで、弾けるようにチョコから飛び出るんです。

普通のナッツチョコって、最初にチョコ味でそのあとにナッツの味や風味が来ることが多いんですけど、チョコボールは別。

クリスプもさくさくしていておいしいけれど、ごめんなさい、チョコボールの中身だけ食べたいとは思わない。おいしいチョコでコーティングしてほしい。

最初、チョコボールの中身はすぐ店頭から消えるだろうって思っていたら、今でも売ってるんですよね。もう定番商品になっています。

皆、チョコボールの外側(チョコ)、そんなに邪魔なんか?うまいぞ。

商品情報

f:id:aisakayo:20210529192352j:plain