MAMANO CHOCOLATE「カードチョコ5種類」「クッキー」「カカオレットドロップス」食べてみた

f:id:aisakayo:20200812184250j:plain

ツイッターでTLを眺めていたら、MAMANO CHOCOLATEがセールをしていると流れてきました。MAMANOはクラフトチョコレート屋さんで高級なチョコレート屋さんです。

普段、小銭握りしめてコンビニとスーパーのチョコ売り場をうろちょろしている私はセールに飛びついていました。すっごく安くて、「本当にこんなに安くて大丈夫かしら? セール品しか買わないけれど、申し訳ないくらい」と思いながらありがたく買いました。 

MAMANO CHOCOLATE(ママノチョコレート)とは?

エクアドル産のアリバ種(別名ナショナル種)というカカオ豆でチョコレートを作っているメーカーです。使用するカカオ豆はフェアトレードで自然農法で育てられたもの。ここまではチョコレートに限らず、ちょっとお高めの食品においては普通ですが、MAMANO CHOCOLATEはwinakという現地の組合のカカオ豆だけを使っています。この組合員は女性が多く、それがお店の名前の由来でもあるそう

アリバ種とは?

チョコレートの原料であるカカオ豆は一般的にはカカオ豆と一括りにされますが、品種によって差があります。同じ米でもジャポニカ米やタイ米ではずいぶん違いがあるものですが、カカオ豆も同様です。

アリバ種は一般的にスーパーで並んでいるチョコ菓子に使われているカカオ豆フォラステロ種の一種でエクアドルが原産。ただし、スーパーのお菓子売り場に並ぶお豆たちとは違い、希少なお豆さんで華やかな香りが特徴だそう。その上、エクアドル以外では育ちづらいのも希少性に拍車をかけています

カードチョコ(5種10枚入り)

f:id:aisakayo:20200812053921j:plain

全てカカオ73%です。本来の価格は2200円なのですが、セールで440円で購入させていただきました。

純アリバ

f:id:aisakayo:20200812054146j:plain

フルーティな酸味と木の実のような風味です。

73%とは思えないくらい苦みが少ないです。割ってみるとパキッと軽快な音をしながら、割れてくれました。

エチオピア珈琲

f:id:aisakayo:20200812061212j:plain

手に持った瞬間からコーヒーのいい香り。コーヒー豆を噛むとコーヒーの香りが口いっぱいに広がりますし、バリボリという歯ごたえも良いです。チョコの中にもコーヒーの味がします。

韃靼そばの実

f:id:aisakayo:20200812061322j:plain

こうばしいです。そばの実のプチプチとした歯ごたえもすごくおいしいです。カレーやナッツといった焙煎系食べ物が好きな人はおいしく感じると思います。

種子島黒糖

f:id:aisakayo:20200812061448j:plain

優しい甘さの黒糖のジャリジャリ感が癖になりそう。

与論島塩

f:id:aisakayo:20200812054412j:plain

甘じょっぱ系ですが、塩がとてもまろやかで甘みがあります。粒子が細かく、口の中ですぐ溶けていき、「あぁ、ええとこの塩っ!」と思わず感激です。料理に使ってみたくなりましたが、まろやかすぎてあまり塩気を感じないタイプかもと想像だけは膨らみます。

クッキー

f:id:aisakayo:20200809163622j:plain

ミルクとダークの2種類で、米粉で作られたグルテンフリーです。食感はどちらもさっくりしっとり。ミルクのほうが色が薄いです。小麦粉で作られたものに比べて、やや柔らかく崩れやすいです。プレゼント用として購入する場合は持ち運びに注意が必要だと感じました。

MAMANO CHOCOLATEに限らず、米粉のクッキーは崩れやすかったり割れやすいものが多いです。これは米粉の特性によるものなので仕方ない部分ではありますが、贈答用として持ち運ぶ必要がある場合は注意しましょう。

ミルク

f:id:aisakayo:20200809163857j:plain

f:id:aisakayo:20200809163944j:plain

コンビニなどで買うチョコの多くがフォラステロ種。アリバ種もフォラステロ種の一種なだけあり、同じような味や風味があります。最初はナッティですが、後味は果実の風味が強いです。ミルクをいただきましたが、あまりミルク感は感じず、余韻として心地よい苦みと香ばしさがふわりとやってきてくれました。

ケーキ屋さんやお菓子屋さんの甘さをしっかりと感じられるタイプのモノとは違い、ミルクとはいえ甘さ控えめでチョコ特有の風味を感じることができます。

ダーク

f:id:aisakayo:20200809164700j:plain

f:id:aisakayo:20200809164745j:plain

ミルクのあとに食べてやっと、ミルクはダークに比べてまろやかな味になっていたことに気づきました。ミルクでまろやかになっていない分、ダークのほうが力強さを感じます。チョコレートを食べたという満足感があります。後味はやはり果実の風味があり、華やか。

いつも食べているチョコレートと比べてえぐみや雑味、苦みが少なく、マイルドで食べやすかったです。

カカオレットドロップス

f:id:aisakayo:20200811054847j:plain

こちらはカカオ73%のもの。25グラム缶で本来は500円ですが、セールで350円で購入させていただきました。

f:id:aisakayo:20200811054930j:plain

色々な形があってみているだけでも楽しい。一粒食べてみると、最初の風味がとても華やか。酸味を伴う華やかな風味は何かの果実っぽくもありつつ、花を彷彿とさせます。そして、木の実の風味が広がっていきました。

カカオ73%なので苦みはありますが、嫌な苦みではありません。

f:id:aisakayo:20200811055233j:plain

商品ページで紹介されていたホットドリンクにもしてみました。ホットチョコというものを初めて作りました。こちらは華やかさと苦みはミルクでかき消されてしまいましたが、ナッツの風味が強くなりました。

飲みやすい反面、チョコレートの風味が弱まるため、チョコレートドリンクを水で作る方もいることに納得しました。でも、牛乳好きだからおいしい。

MAMANO CHOCOLATEを食べてみて

全部おいしかったです。アリバ種は普段、コンビニやスーパーで売っているチョコに多く使われているフォラステロ種の一種なだけあり、同じような味と風味がありました。だた、アリバ種のほうがまろやかで苦みがなく、華やかな香りがあります。

今回食べた中でプレゼントとして贈るのならば、カードチョコがおすすめ。クッキーはミルクであってもチョコが濃いので苦手な人がいると思うので、相手がどのようなチョコが好きかわからないうちは送らないほうがいいかも。

一方のカードチョコもカカオ分は高いのですが、塩味やコーヒー味と多彩なフレーバー付きで食べやすいです。お子さんは苦いので食べづらいと思いますが、成人の方ならば幅広い方に楽しんでいただけるのではないでしょうか。

私はお酒は飲めないのですが、洋酒とチョコを楽しむ方が最近は増えていると聞くので、洋酒好きの方への贈り物にもいいかもしれません。