本当に魔法みたいな口どけのルタオ「ロイヤルモンターニュ」を食べた感想

f:id:aisakayo:20200621062646p:plain

ルタオ=ドゥーブルフロマージュという2層になったチーズケーキという方も多いと思いますが、チョコレート系のお菓子も販売しています。

今回はルタオの公式オンラインショップで〇周年記念か何かとしてポイントを配布してくれたので、それを使ってロイヤルモンターニュとアマンドショコラを購入してみました。

ルタオのロイヤルモンターニュって?

画像・公式オンラインショップより引用

ダージリンティーという紅茶入りのチョコレートです。使用しているのは南アメリカのトリニダード産のカカオ豆。名前のロイヤルモンターニュとは王家の山という意味。

ルタオのチョコレートといえば、こちらの商品だそうなので食べるのが楽しみ。

ルタオはチーズケーキも口どけがいいのですが、こちらも融点は22.9度という低い温度が特徴です。商品紹介ページにも「魔法みたいにすっと滑らかに消えていく」と書かれています。

冷凍と冷蔵の2種類あり、すぐに食べられない場合は冷凍注文がいいかもしれません。

今回は買いませんでしたが、別にマスカットティーバージョンもあり、食べ比べも楽しそう。

届きました

f:id:aisakayo:20200621063130j:plain

青い箱がきれい。

f:id:aisakayo:20200621063251j:plain

ビニール袋で密閉されている袋の中には青いピックが見えます。

f:id:aisakayo:20200621065005j:plain

専用のケースに入っているので、ロイヤルモンターニュの形が崩れることはありません。きれいな青い箱もそうですし、形も崩れないので贈り物にも良さそう。

食べていきます

f:id:aisakayo:20200621065238j:plain

本当に見事なピラミッド型。上にはココアパウダーが振りかけられています。

f:id:aisakayo:20200621065518j:plain

ちなみに、チョコの風味を楽しみたいと思ったので食べる20分前くらいに室温に出しておきました。気温の低い朝だったこともあり溶けませんでしたが、融点が22.9度なので、部屋の温度によっては食べる直前に冷蔵庫から出したほうが良さそうです。

f:id:aisakayo:20200621065612j:plain

ピッグに挿した感じは固い上に挿しづらいので、フォークを用意したほうがいいです。

口に入れてみます。あ、本当だ。口に入れた瞬間に飴玉よりも早く口の中で溶けはじめていきます。本当に魔法みたい。

最初にチョコレートの味と風味が来たと思いきや、紅茶の華やかだけれども優しい香り、ミルクの優しい甘さと香りが口の中に広がります。しかし、口どけがいいので本当に気がつけば消えています。

 ルタオはチーズケーキもそうですけど、本当に口どけもいいし、しつこくないので、いくらでも食べられそうです。 

公式オンラインショップ北海道の小樽で有名なスイートショップ《LeTAO》