おやつでタンパク質補給なヘルシー系ローソン「ひよこ豆きなこチョコ」食べてみた

f:id:aisakayo:20200610071849j:plain

コンビニの新商品をチェックするのが好きです。ネットでも店頭でもチェックします。その中でも今週特に興味を引いたのがローソンのひよこ豆きなこチョコです。

落花生のチョコはありますが、ひよこ豆をチョコにしたのは聞いたことがないため、食べてみたくなりました。余談ですが、ナッツと思ってる人も多そうな落花生はマメ科の植物で大豆の仲間つまり野菜だったりします。

 ひよこ豆きなこチョコ

f:id:aisakayo:20200610073804j:plain

これ一袋で8.5gのプロテインを摂取することができます。普段、タンパク質の量を気にもしていないので、これがどれくらいのものなのかよくわからないので調べてみました。

豚肉100gで15gとのことで、こちらは55gで8.5gとかなり多いと言えるのではないでしょうか。

原料の中にはきなこ以外にも粉状大豆たんぱく質も入っています。おそらくチョコレートに練りこまれているのでしょうが、とにかくたん白質を推している商品だということが伝わってきました。

運動している人にいいのかもしれないけれど、そういう人はプロテインバーを食べるような気もします。

ひよこ豆って?

ひよこ豆を見聞きしたことがある人も多いでしょうが、知らない方がいるかもしれないので、一応説明しておきます。

西アジアが原産のマメ科植物でホクホクとした食感が特徴。スープやコロッケ、ペーストと様々な料理に変身できる万能選手です。

栄養は糖質や脂質、タンパク質の代謝を活発にするビタミンB系やタンパク質、食物繊維が豊富。ひよこ豆に限らず大豆などマメ科植物は水溶性食物繊維が豊富なため、糖の吸収が穏やかになりやすいという特徴があります。

個人的には腹持ちがいいので、主食代わりになったりします。

食べていきます

f:id:aisakayo:20200610074031j:plain

コロコロと丸い形が可愛らしいです。匂いはきなことミルク。

f:id:aisakayo:20200610075951j:plain

アーモンドチョコといった他の包まれてる系チョコに比べて、形が不揃いな子が多いです。

甘さは控えめですが、豆やきなこが持つ甘みや味を感じることができます。

サクッとしたひよこ豆の食感が楽しいです。節分の煎り豆を少し柔らかくした食感ですが、たまに固い子もいます。この食感の違いについてはパッケージにも注意書きがありました。

マメ好きの方はぜひ食べてみて!

マメの味がしっかりと感じられるので、お豆好きの方は食べてみてもいいと思います。サクサクしていて噛み心地も良く、わりかし少量で満足できます。

商品情報詳細

原材料

f:id:aisakayo:20200610081604p:plain
【原材料名】煎りひよこ豆、乳糖、砂糖、植物油脂、全粉乳、ココアバター、粉末状大豆たん白、きな粉、マルトデキストリン/光沢剤、乳化剤、香料、(一部に乳成分・大豆を含む)

【内容量】55g
【販売者】正栄デリシィ

【製造所】株式会社ロビニア

栄養成分表示

f:id:aisakayo:20200610082023j:plain

【エネルギー】269kcal

【たんぱく質】8.5g

【脂質】12.9g

【炭水化物】32.4g(糖質27.2g、食物繊維5.2g)

【食塩相当量】0.08g