食べ過ぎをリセットするためにユルいルールだけど、16時間断食やってみた

いつも食べすぎてしまうんですよね。

だから、夕食は水分でいっぱいお腹が膨らまそうと思って、お鍋にしてみたりとかしてるんですけど、朝起きると胃の下の部分に色々と入ってる気がするんですよね。

でも、胃の中に何も入ってないので、朝からガッツリ食べちゃうんですよね。で、最終的に食事の時間になっても気がつけば何も食べられないというレベルになってるんですよね。

どうしたらいいか調べたり考えた結果、16時間断食をやってみることにしました。

 

 

16時間断食ってなんなの?

睡眠の前後の時間合わせて、16時間ほど食べないで過ごす食事法のことです。ダイエットとかデトックスとか色々な目的でする人がいるみたいですが、結局、一種の糖質制限食事法になります。
残りの8時間で何を食べても大丈夫です。

16時間断食を選んだ理由とメリット

①オートファジー

オートファジーとは体の細胞が古い細胞を食べて、新しくなる現象で、アンチエイジングや美容などで注目されています。

このオートファジーは常に緩やかに働いているのですが、空腹の時間が長くなれば活発化しやすくなり、最も活発化する時間が16時間とのこと。

ただ、今回、ブログ主はかなりユルいルールでやるため、あまりオートファジーは働かないと思います。

②胃腸を休めたかった

一番の理由がこれ。食べすぎてますから、とにかく、腹の中をきれいにしたかったんです。食べる量が少なければ、胃腸も多少は休むことができるはず。

また、食べる量が少なくなるので、他の内臓も少しは休めるのかも知れません。

③ルールが意外と緩い

調べると、やり方が本当に色々とあって、断食中にある人は牛乳はダメ、別の人はヨーグルトやチーズは良いとか書いてたりするんですね。同じ乳製品なのに。

他のところだと、飴玉1つやハイカカオチョコ1かけなら良いと書いてますし。厳密に糖質を摂ってはダメということもでもなさそう。

基本的にカロリーと糖質制限がメインなので、量が多かったりカロリーが高くなければ良いんだと思います。これは個人の解釈なので、同じくやってみたいという人はきちんと書籍などを参考にしてくださいね。

 

 

16時間断食の詳しいやり方

基本的なルールは以下のとおりです。

 

・最後の食事から16時間食べないようにする

・8時間は何を食べても大丈夫

・耐えられない時は少量のフルーツや無糖ヨーグルト、ナッツ、チーズなら食べても良い

・飲み物は基本的に水だが、人によってはコーヒーも1杯程度なら良いと言ってる

 

上記のような感じです。

どうしても空腹に耐えられなかったら、無糖ヨーグルト、ナッツ、チーズ、フルーツといった血糖値を上げないものなら食べても大丈夫とのこと。

ブログ主的ルール

今回は胃腸を休めることがメインなので、厳密にカロリーや糖質を制限はしません。

そういうわけで、以下のようなルールにしました。

 

・ヨーグルトにジャムをトッピングしてもいい

・味噌汁、ポタージュ、野菜ジュース、牛乳はOK

・空腹時に耐えられなくなったら、少量のフルーツ

 

フルーツはりんごをいっぱいもらったから。ジャムとポタージュは手作りなので、どれも痛む前に食べきりたいので上記のルールにしています。

 

 

やってみた

昨夜夕食を食べ終わったのが、午後9時頃でした。

起床したのが5時頃。空腹感があるようなないようなそんな感じのお腹ですが、昨日、食べすぎているので、断食日和です。

一応、午後1時くらいまでガッツリ食べなければユルいルールとはいえ、16時間断食したことになります。

単なる主食抜きやんけという気がしないでもないですが、ブログ主だけのルールなので問題ないです。

朝食(朝5時台)

ヨーグルトに手作りのりんごジャムとカルダモンをトッピングしました。

ヨーグルトを食べ終わってすぐにこの記事を書いていますが、その間、お腹が空腹を訴えてうるさいです。

朝8時

このブログ記事を結構書いて少し疲れたので休憩していましたが、お腹が空いたので、りんごを少量いただきました。

りんご産地の青森に住んでいるので、秋になるとりんごをたくさんもらいます。味はさっぱりとした甘さで、とてもジューシー。

9時30分頃

少量の野菜ジュースをいただきました。お気に入りはカゴメの野菜生活100で季節限定とか期間限定が出るとすかさず買ってしまいます。

いつもこの時間帯に少しだけ野菜ジュースを飲んでホッと一息ついているので、完全なる習慣です。

この後、田んぼに行って稲刈り作業を少し行いました。

この間、お腹がグルグルとなっていて、食べすぎによる未消化物が生み出したガスが体の中を動いているような気もしました。

10時30分

田んぼで動き回ったせいかすっごく空腹になり、大変です。お腹もいい感じに空っぽになっているかも。

でも、あと1時間もすればお昼の時間を迎えます。いつもポタージュを作って飲んでいるので、それまで空腹のまま待ちたいと思います。

この記事を書いている最中、お腹の中が動いているような気がして、蠕動運動が始まっているような気がしないでもないです。自分のお腹の中を見ることができないので、実際のところはわからないんですけれど。

そうこうしているうちに、空腹感が消えましたが、お腹の中にガスっぽさがあります。これはいつも飲んでいる便秘薬を休んだからだと思います。家系的に薬が手放せないんですが、たまに効きすぎるので休むんです。

ありがたいことに最近は休むことが多くなりました。

11時30分

いつもの習慣でポタージュ。現在、空腹感は少しだけありますが、耐えられないほどではありません。個人的に習慣を変えるのがとても苦手なので、耐えられないほどではない空腹でありながらもポタージュをいただきます。

今回は白菜、キャベツ、玉ねぎ、和風顆粒だし、豆乳、赤唐辛子で作った和風味のものです。

やってみて

やったのは1日だけで、食べ過ぎをリセットするだけという動機からです。そのため、体に大きな変化は当然ありませんが、以下の変化はあったような気がします。

 

・食べる量を抑えたのでお腹の中がスッキリしたような感じがします。

・いつもより体が動いた。

 

いつも田んぼで働くと疲れてぐったりしていることが多いのですが、それなりに体が動いたのは良かったです。ただ、1日だけなので、たまたま偶然だったのかも。昨日、疲れを取りたいと思い、寝たのも早かったですし。

空腹感についてですが、小腹がすいた程度もしくはやや強めに感じたことはありましたが、どうしようもなくなるくらいの強烈な空腹感を感じることもありませんでした。

 

 

まとめ

今回は食べ過ぎをリセットするためと、オートファジーってなんだかお得な感じがするという理由で、16時間断食を参考に食事の量を抑えました。

実質、半日だけということもあり、そんなに空腹感で辛くなるということもなく、お腹が軽くなったことを感じることができました。無事に食べ過ぎをリセットすることができたようです。

ただ、このブログを参考に行おうという場合は、この記事以外にも様々な本などを読んだ上で自己責任で行ってください。